So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【2019ドラフト会議】幸運の肩幅!2年連続当たりくじで石川昂弥を勝ち取る [ニュース]

さていよいよBクラスにとってのオフシーズンメインイベント、ドラフト会議です。
我がドラゴンズは前日から東邦・石川昂弥選手の指名を公言し、
「誰を取るのかなあ」より「どこか競合して来ないかなあ」に注目が集まる展開。
若狭アナも無事幽閉され、万全の状態でいざ本番です。



さてそんなこんなで1位指名。
ドラゴンズのほかに石川選手を指名しそうなのはイーグルスあたり、
という予想でしたが蓋を開けてみればホークスとバファローズが指名。
奥川3球団に対し石川も3球団と、競合を避けた結果同じ競合具合になってしまいました。
しかし、去年根尾を引き当てた肩幅は今年も健在でした。
なんと2年連続で当たりくじを引き当て、石川昂弥選手の交渉権を獲得。
石川君も地元チームということで嬉しそうです。まさに相思相愛。

一方他の競合は奥川君がスワローズ、佐々木君はマリーンズに。
競合が予想された明治大の森下君はカープが一本釣りに成功しました。
ドラゴンズ・カープ・マリーンズとなんだか去年の勝ち組がそのまま理想通りになる展開ですね。

ただ石川姓はこれで石川駿・石川翔に続いて3人目。なんだってこう同じ苗字が集まるのか。
石川駿が「いしかわ」呼びなので「たかや」ですかねえ。「高谷」みたいな感じになりそうだけど。
背番号は2が空いてるけどどうでしょうねえ、その次のそれっぽい数字がしばらくないんですよね。



2位以下の面々ですが、アマチュア野球詳しくないので簡単に。

2位:橋本侑樹(大阪商業大)
https://sports.yahoo.co.jp/draft/players/467/detail/hashimoto_yuki
1位が野手ということで、不足がちな左腕を2位指名。
岐阜出身で地元でもあり、ドラゴンズに多い大商大出身者なのも良さげ。

3位:岡野祐一郎(東芝)
https://sports.yahoo.co.jp/draft/players/471/detail/okano_yuichiro
去年の勝野と同じく、3位で即戦力枠の投手を。

4位:郡司裕也(慶応大)
https://sports.yahoo.co.jp/draft/players/468/detail/gunji_yuya
大学日本代表の捕手。加藤木下桂を一気に追い抜けるか。
仙台育英出身ということは梅津とも組んでた?

5位:岡林勇希(菰野高)
https://sports.yahoo.co.jp/draft/players/463/detail/okabayashi_yuki
地元枠。ユニークなフォームから153kmを投げる投手、とのことですが
どうも打者として期待されてる感があります。外野手指名がないからコンバートかな?

6位:竹内龍臣(札幌創成高)
https://sports.yahoo.co.jp/draft/players/463/detail/takeuchi_ryushin
隠し玉枠。指名直後はまだ↑のページすら作られてなかったです。
個人的には北海道出身なので応援したいところ。

育成1位:松田亘哲(名古屋大)
https://sports.yahoo.co.jp/draft/players/467/detail/matsuda_hiroaki
国立名門大、高校時代はバレーボール部、眼鏡の風貌と異色な経歴。
育成なので入団してくれるか微妙かなーと思ってたけどどうやらノリノリな様子。

----

という計7名の指名となりました。
高校生4:大学生2:社会人1
投手4.5:捕手1:内野1:外野0.5(岡林君を投手0.5外野0.5で計算)
というバランスからして、
・投手をそこそこ取ったということは第二次戦力外があるのかな
・外野手を2人減らしたのに本職の指名なし、ということは既存選手のコンバートがあるのかな
という感じですね。
石川君もサードでしたがそこまで上手という感じではないので、いきなり外野もあるかも知れませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

2019-2020オフ、ドラゴンズ話題まとめ(1)ドラフトまでのいろいろ [試合メモ]

さてシーズンも終わり、CSも日本シリーズも蚊帳の外。
そんなBクラスチームの楽しみといえばオフのあれこれとドラフト会議。
今日の夕方にドラフト会議があるということで、ここまでのオフのいろいろをまとめておきます。

■戦力外第1弾。武山・杉山・亀澤・友永・近藤の5選手。
http://dragons.jp/news/2019/19100101.html

シーズンが終わってすぐの戦力外通告は野手5名でした。
正直亀澤は以外でしたね。阿部に目途が立ったのと、まだ年齢も若いので
早いうちに通告すればどこかで手を上げる球団もあるのではないかという情もあるのでしょう。
個人的には亀澤が慕っている川崎宗則と一緒に台湾のドラゴンズで野球をしてもらいたかったり。

武山は今期後半の本人のスタンスからして予定通りの引退か。
杉山は桂と選択した結果なんですかね。松井雅人と合わせてキャッチャーが3人減ったので、ドラフトで補充ありますかね?まさか伊藤光とか嶋とか狙ってる?

友永はなんか背番号1になったことで一部ファンのヘイトを溜めてしまった印象です。
注目のドラ1ってわけでもないので、もうちょっと大きい番号で良かったのかもと思いつつ
同じような境遇の阿部が今年ブレイクしたので、そういう問題でもないのかと思ったり。
同じく外野手からは近藤も。この辺は遠藤井領が活躍して武田が加わったのでしょうがないのかな。

■コーチ・スタッフ陣の退団決まる
http://dragons.jp/news/2019/19092801.html

小笠原二軍監督がチームを離れ、日本ハムファイターズに。
千葉県に家建てたのにずっと名古屋で単身赴任で申し訳なかったな、家から近い鎌ヶ谷で頑張って!
と思ったら一軍コーチですか。やっぱり単身赴任じゃないですか!
新任の二軍監督は仁村徹氏が就任することになりそう。

そして森繁和・デニー友利両氏がチームを離れることに。
田村さんや勝崎さんも退団と、なんだか落合組がごっそり抜けた感じですね。
森繁さんの中南米パイプがなくなるのは
不安ですが、リナレス・ルイス君あたりがうまくやってくれるのを期待しましょう。
ところでなんで森野コーチはこんなあっけなくいなくなってるんでしょうね・・・?

■松坂退団決定、どこに行く?

松坂大輔は引退か残留か移籍かでいろいろありましたが、退団とのこと。
正直戦力としてより興行的に美味しい選手なので、ライオンズがやっぱり本命なんですかね?
イーグルスとの噂もありますが、ライオンズで石井一久と一緒にやってもいないですし。

■そしてドラフト!

さてドラフト会議ですが、前日の時点でドラゴンズは東邦石川選手の氏名を公言。
星稜奥川とどっちに行くか迷ったでしょうが、強打の地元選手を狙うことになりました。
石川選手は楽天イーグルスも狙ってるらしいので、このタイミングで指名を公言するのは
佐々木奥川から逃げても単独にはならんよ、という牽制の意味もあるんでしょうね。
ちなみにドラフトはTBSのほかAbemaやスポーツブルでインターネット中継あるようです。

■背番号空き一覧

今期の退団選手などを背番号リストに更新してあります。
投手向けには18,20と重たすぎる背番号が空いていますが
野手向けの番号はそんなにないですね。荒木がつけてた2と、キャッチャー向けに39あたりでしょうか。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1QD2xF2m2tyKQ0ihJP-vUsyyXSkBDEFO4ETTM-i5BTeY/edit?usp=sharing

ちなみにこのリストはダウンロードや改編しての公開(他チームバージョンを作るとか)も可です。
nice!(0)  コメント(0) 

20190930 ●中0-3神 阪神CS出場おめでとう!大野防御率1位おめでとう!アキフミお疲れさま!すばらしい龍虎同盟 [試合メモ]

ウチ|000 000 000|0
----+---+---+---|-
テキ|000 210 00x|3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019093001/top

いよいよ今シーズン最終戦。
ドラゴンズは前日の敗戦で5位が決定し、残るは3位4位争いのみ。
阪神が勝てば逆転でのCS出場が決定、中日が勝てば広島が3位に残ってCS決定です。
そしてもうひとつの注目は個人タイトル争い。大野雄大が3回1/3以上を無失点なら
カープのジョンソンを上回って防御率1位に浮上します。

それぞれに注目の一戦は大野・青柳による投手戦となりました。
ドラゴンズは若手オーダーというわけでもなくベスト布陣で挑みますが苦手青柳を打てず。
一方前回のタイガース戦でノーヒットノーランの大野は今日も3回までパーフェクトピッチング。

試合は4回裏、1アウトを取ったところで大野雄大が無失点のまま降板。
これで大野雄大がジョンソンの防御率を上回り、防御率1位のタイトルを確定させました。
一方カープファンにしてみればジョンソンの防御率1位が消え、好投の大野が降板したことで一気にピンチに。
その不安は見事に的中し、替わった三ツ間はヒットとフォアボール、そしてバッテリーエラーで2点を失います。
さらに続く5回には山本拓実がこれまた暴投で1点を失い、0-3。いよいよタイガースの逆転CSが見えてきました。

そして7回表、引退を表明した高橋聡文が登板。福田を抑え引退登板を飾ると
両チームのファンからもアキフミコールが(阪神側はアキフミではなく高橋なんですね)。

アキフミお疲れさま!の余韻のなか試合はサクサク進んでいよいよ9回。
昨日3点を失った藤川球児が最後は堂上・周平を連続三振で締め、タイガースのCS進出が決定しました。
試合後のセレモニーはなんだか最後ぐだっとしましたが、まあみんな楽しそうなので良しとしましょう!特にガルシア!

大野雄大を早々に下げて替わった投手が失点、しかも連続バッテリーエラー。
攻撃も盗塁失敗やらゲッツー連発やらでまったくいいところなしと
カープファンに恨まれてしまいそうな展開ですが、勝負事なので仕方ないですね。
(ついでに言えば2015も最終戦で順位決まってるウチが勝てばCSのカープに勝っちゃいましたね)
9月はジャイアンツに3タテして直後に2位ベイスターズに3タテ、
勝てばCS決定のカープにも勝利と意地悪を続けたドラゴンズが最後タイガースには完敗でした。
結果として見ればタイガースにだけ優しい展開となりましたが、シーズンでは勝ち越したし、ね?



タグ:阪神
nice!(0)  コメント(0) 

20190929 ●中3-6神 阪神奇跡のCSに向けてお膳立て。そして5位決定 [試合メモ]

ウチ|000 000 003|3
----+---+---+---|-
テキ|000 013 20x|6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019092902/top

今シーズンもあと2試合。既にドラゴンズはBクラスが決定していますが
3~5位の順位が確定していないのでこの2連戦は非常に重要な展開に。

・阪神2勝:3位阪神、4位広島、5位中日
・1勝1敗:3位広島、4位阪神、5位中日
・中日2勝:3位広島、4位中日、5位阪神
と(引き分けがある場合はもうちょっと複雑)それぞれの思惑が重なります。

メッセンジャーの引退登板で始まった試合(なんか大島の第1打席は最近こんなんばっかりですね)
はタイガースが高橋遥人→ガルシアと繋ぎ、ドラゴンズは柳が無失点ピッチングを続けます。
しかし5回裏、タイガース陽川がソロホームランで先制。
すると「できれば4位になっておきたい」と「2連勝でCSだ!」のモチベーションの違いか
6回7回にもズルズルと失点を重ねて0-6とリードされてしまいます。
期待のルーキー・根尾も初打席三振、守備もエラーはなかったもののいまいち不安定でした。

最終回に遠藤・堂上・渡辺勝といった控え組がヒットを打って3点を返したもののそこまで。
結局3-6で敗れ、今シーズンの5位が確定しました。

うーん今日ですらモチベーションの差が如実に現れたというのに、最終戦はもっと差が出そうですね。
こちらは大野の防御率くらいしか目標がありません。これはもしや阪神逆転CSある・・・?



タグ:阪神
nice!(0)  コメント(0) 

20190927 ○中4-1広 勝ったよ阪神さん!4位近づく、セリーグ盛り上げる、ジョンソン防御率悪化と文句なし [試合メモ]

ウチ|010 000 300| 4
----+---+---+---|--
テキ|000 010 000| 1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019092703/top

先週末の予定が台風で順延になった広島での今期最終戦(カープにとってはシーズン最終戦です)。
しかしこの試合、ドラゴンズ以外のチームから大きな注目が。
残り試合を3残している阪神タイガースが、今日カープが勝ってしまうとCSの可能性が消滅し
カープが負けると残り試合全勝で逆転CSとなるので、タイガースファンが必死にドラゴンズを応援してくれます。
ドラゴンズファンは各人のタイトル争いと今日から一軍昇格の根尾に注目が集まっているので、
実際ドラゴンズファンよりこの試合の勝敗には切実な思いがあるのではないでしょうか。
そしてカープにとっても今日勝てばCS決定、負ければタイガースの結果次第となるのでこれまた切実です。

先発は小笠原とジョンソン。ジョンソンは防御率1位を大野雄大と争っているので
ドラゴンズ的にもできるだけ得点をとっておきたいところです。
試合は2回表、1アウト1,3塁から平田にタイムリーが出て先制。
しかし雨が降りだした5回、小笠原がピンチを作るとバッテリーエラーで同点に。
3チームのファンが一喜一憂する展開となります。

ちなみにこの5回裏、同点後のチャンスでジョンソンに代打を出していれば
ジョンソンの防御率1位は安泰だったのですが、さすがにここでエースは降ろさないか。

そして試合が再び動いたのは7回表。先頭の周平が出て、バントと進塁打で進んだ2アウト3塁で
木下拓哉がレフトに勝ち越しタイムリー。先ほどのバッテリーエラーを取り返します。
これにはネット上の阪神ファンも「誰だか知らんがようやった!」と大喜び。
そしてその直後には代打堂上が2ランホームランで一気にたたみかけます。
これで4点。ジョンソンの防御率も一気に悪化します。
(これで大野が3+1/3を無失点または7回1失点で上回る計算になります)

この後はロドリゲス→マルティネス→福→岡田のリレーで逃げ切り勝利。
(マルティネスはやっぱりこの球場苦手なんですかね、唯一不安定でした)
期待の根尾の出番は今日はなかったですが、まあ甲子園デビューということで

阪神さんにも面目は立ち、直接対決次第では4位も見える、ジョンソンの防御率は悪化と
ドラゴンズにとっては理想の勝利となりました。(ヒーローインタビューがないのだけが不満)

さてCS争いはこれで阪神が横浜中日中日の3試合を全勝するとCS出場、
一個でも負ければ広島がCS出場となりました。今回は阪神を救ったドラゴンズですが
直接対決ではしっかり勝ちますので阪神さんそのつもりで!
(とか言ってると横浜戦でころっと負けたりするから油断ならない)



タグ:広島
nice!(0)  コメント(0) 

20190925 ○中12-0ヤ CS消えたけどナゴヤドーム最終戦を大勝で締める [試合メモ]

テキ|000 000 000| 0
----+---+---+---|--
ウチ|000 015 60x|12

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019092501/top

昨夜の敗戦でCS進出の可能性が潰えたドラゴンズ。
今日はナゴヤドームでの今期最終戦です。

先発は梅津。相手先発の田川と長身どうしの投げ合いで前半は0-0。
先制点は5回裏、連続フォアボールで作ったチャンスに阿部がきっちりライト前にタイムリー。
周平と阿部はどちらもあと3試合で3割に届くかどうか。せっかくだから乗せたいですよね。

続く6回、1アウトから大島が出て盗塁するかなーと思っていたら京田が3ベースで追加点。
さらに福田が歩いてからの遠藤・周平タイムリーで1,3塁ループ。なんだこの強い攻撃は。
この回はこの後平田にもタイムリーが出て5得点。昨日打てやとか一昨日打てやとかは禁句です。
(言いたくなる気持ちはわかるけど、そういうものじゃない)

この次の7回にも福田がタイムリー打ったり遠藤が2打席連続タイムリー打ったり
石川駿が走者一掃の3ベース打ったりなんだかんだ6点も取り、計12点。
梅津は6回無失点、以降のピッチャーも無失点リレーと完璧な試合運びで大勝しました。

これで今シーズンのナゴヤドームでの試合は終了。
あとは広島と甲子園で今シーズンの順位(4位or5位)が決まります。
3試合とも誰かしらのセレモニーはあるしどうやら根尾も昇格するらしいですし、
まだまだ見どころありそうですよ!



タグ:ヤクルト
nice!(0)  コメント(0) 

20190924 ●中1-7デ 燃え尽きたかのような敗戦で今年もBクラスが決定 [試合メモ]

テキ|400 000 300|7
----+---+---+---|-
ウチ|100 000 000|1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019092404/top

昨日広島に敗れ、いよいよCS出場まで一個も負けられない状況となったドラゴンズ。
しかし先発のロメロが今日は大乱調でした。
フォアボールとヒットでピンチを作るとロペスにタイムリーで先制、
そして続く宮崎にライトスタンドに運ばれるスリーランでいきなり4点を失います。
ロメロは2回もピンチを作ってあっけなく降板。ちょっと今日は良いとこなかったですね。

初回の4点が重くのしかかるなか、1回裏に福田のソロが出て1点を返し、
まだまだ諦めムードにはならないよ!と言いたいところですが以降は大貫の前にヒットすらなし。
6回裏に2番手三嶋からチャンスを作ったもののビシエドが三振し無得点。

すると7回、藤嶋が打球を受けた影響か降板すると、ここから一気に3失点。
もうこうなると反撃もできず、あっけなく1-7で敗北しCS進出の可能性がなくなりました。

うーんまあ今日の試合はさておき、今シーズンはまあまあ楽しめた方じゃないですかね。
やっぱりまだAクラスを狙うには実力が足りてないなという感じはしましたし
チームのムードが上がってきてさあ勝負所!という試合でことごとく敗戦したシーズンでした。
あと3試合、なんとか4位で終われるように頑張っていきましょうか。



タグ:横浜
nice!(0)  コメント(0) 

20190924 ●中3-4x広 9回に追いつくも無念のサヨナラ負け。CSへは残り全勝が必須に [試合メモ]

ウチ|000 001 002 0 | 3
----+---+---+---+--|--
テキ|100 000 020 1x| 4

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019092302/top

意外と現実味が出てきたCS争いもいよいよ大詰め、3位広島との直接対決です。
2連戦の予定が台風で1試合流れて順延になり、広広デヤ神神→広デヤ広神神と順番変更。
いずれにしてもこの6戦で5勝する必要がありそうな展開です。
先発は大野雄大と大瀬良。好調大野とドラゴンズ大好き大瀬良のマッチアップです。
ただ残念なことに広島ホームなのでDAZNの中継は無し。文字で試合を追います。

初回、大野は2アウトを取るもののレフトフライを福田が取れず(記録二塁打)
さらに加藤のパスボールでランナーが進んだところを長野にタイムリーを打たれ
不運もあり先制されてしました。が、その後は見事なピッチング。

一方の打線は大瀬良を打てずにいたものの6回に福田がタイムリー。
ワンチャンスをものにして同点に追いつき1-1で終盤に。

そして8回、打順がまわったものの代打は出ず大野は続投、しかしこれが裏目に。
先頭の小園が出るとバントをキャッチャー大野奨太がフィルダースチョイスでノーアウト1,3塁。
なんとか2アウト満塁までこぎつけますが長野に押し出しのフォアボールで勝ち越されます。
さらに替わった福が松山にタイムリー内野安打でもう1点入り、2点ビハインドで9回に入ります。

しかしここですんなり終わらなかったドラゴンズ。
先頭福田がヒットで出ると続くビシエドがレフトに同点となる2ランホームラン!
この土壇場で追いつき、9回もピンチはありつつ岡田が抑えて延長に入ります。

・・・しかし粘ったのはここまででした。
10回裏、マルティネスが連打でピンチを作り1アウト満塁とされ、
最後は曾澤がショート後方に落ちるポテンヒットでサヨナラ。
惜しい試合を落としたドラゴンズ、ここからCSへは残り5試合の全勝が必須となりました。

うーーん、もちろんよく追いついた!粘った!と言ってあげたいですが今日はそういうゲームじゃないんだよなあ!
まあしょうがないですよね、切り替えて残り試合の全勝を願いましょう。



タグ:広島
nice!(1)  コメント(0) 

20190921 ○中14-2ヤ 【現地観戦】神宮最終戦大勝締め。館山&畠山は涙のセレモニー [観戦日記]

ウチ|105 022 004|14
----+---+---+---|-
テキ|000 110 000| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019092101/top

2019年最後の神宮、そしてレギュラーシーズンでは関東での最終戦。
今日はスワローズ館山投手・畠山選手の引退試合ということもあり全席完売。
しかも大学野球が長引いて開場が遅れ、試合前の神宮球場はとんでもない人数に。

結局15分遅れで始まった試合、館山が先頭大島を打ち取って有終を飾りレフスタも館山コール。
しかしピッチャーが替わりここからは本気の勝負!となった京田がいきなり三塁打、
そして福田の犠牲フライで先制。(京田のはセンター青木の守備ミスな気はしますが・・・)

さらに3回には木下がホームラン(正直ファールだと思ってました、ごめん)
ビシエドのタイムリー・周平の3ランホームランも出て一挙5点。
この後も1点取られては2点返すという理想的な展開で点差が広がります。
先発柳は6回2失点の安定したピッチング。阪神戦の大崩れはなんだったんでしょう。

点差もつき、6回裏には畠山の最終打席(ポテンヒット)もあり和やかムードになりつつ
9回表のチャンテメドレーは4点も入る超ロングバージョンになるなど見どころたくさんのゲームに。

そして試合終了→柳ヒロイン→超短縮版二次会→セレモニーという忙しい流れで迎えた
館山・畠山の引退セレモニー。畠山が宮本コーチに、館山が石川投手に触れたシーンは感動でしたね。
ビジターからもコールできたしビジター応援席にもボールを投げ入れてくれたし、球場全体で送りだすことができたかなと。

いやドラゴンズファンにとってこの二人といえば、ヤクルトファンにとっては
優勝を逃した辛い思い出かもしれませんがやっぱり2011年の優勝争いですね。
畠山の豪快なバッティング、館山の特にCSでの鬼気迫るピッチングは記憶に残っています。
本当に「好敵手」という言葉がぴったり当てはまる選手でした。おつかれさまです!

(あ、そういえば巨人が優勝しましたね、おめでとうございます[補足感])



nice!(0)  コメント(0) 

20190919 ○中2-1巨 二夜連続のロースコア逆転勝利で対巨人6連勝締め。Bクラス首位浮上 [試合メモ]

テキ|000 001 000|1
----+---+---+---|-
ウチ|000 001 01x|2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019091901/top

今期のジャイアンツ戦最終戦(CSもあります、が・・・)。
昨日のルーキー同士の投げ合い同様、今日も投手戦になりました。
小笠原・メルセデスがお互い素晴らしいピッチング。
5回まで小笠原は2安打、メルセデスは1安打でそれぞれ無失点。
6回にともに1点ずつを失い降板しましたが、やたらテンポの良いピッチングで
試合があっという間に進んでいきます。

1-1で迎えた8回表にロドリゲスが三者三振で完璧に抑えると
その裏、1アウトから平田がレフトにツーベースで出塁。京田のセカンドゴロで三塁に進むと
6回に同点タイムリーを打っている巨人戦絶好調の福田がまたしてもタイムリー。
6回の打球とも、直前の平田の打球ともよく似た当たりで勝ち越しに成功しました。

9回は岡田ではなくマルティネス。よく考えたら岡田がマルティネスの代役ですからね。
これが自然な順番なのかもしれません。マルティネスはかっちり三者凡退で締め、連勝です。
ロースコアとは言えわずか2時間17分。ヒーローインタビュー終わってもまだ20:30でした。

大きく負け越した今年のジャイアンツ戦でしたが、最後は怒涛の6連勝で終了。
4位だったタイガースが破れたため、これで4位浮上です。
週末のカープ戦に連勝すればあるいはCSも見えてくるかも知れません。




タグ:巨人
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -